Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホルムアルデヒドが首都圏の浄水場から検出

首都圏の浄水場の水道水から、
有害物質ホルムアルデヒドが検出されたようです。

取水停止が、再開済みも含め
千葉、埼玉、群馬の三県に拡大しています。

ホルムアルデヒドは有機化合物の一種で、毒性が強いです。
酸化メチレンとも呼ばれています。
37% 以上の水溶液はホルマリンと呼ばれています。

人体へは、粘膜への刺激性を中心とした急性毒性があり、
蒸気は呼吸器系、目、のどなどの炎症を引き起こします。
皮膚や目などが水溶液に接触した場合は、
激しい刺激を受けて炎症を生じます。
発ガン性もあります。

取水している川の上流で、
原液を流している工場がある可能性があるようです。


関連記事

Appendix

   

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

RSSリンクの表示

あとでじっくり読む

My Yahoo!に追加

Add to Google

人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • seo
Googleボットチェッカー
365fx会社一覧 気になるエンタメニュース徒然
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。