Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島原発事故の精神的損賠額は「1人当たり月額10万円」って…

東日本大震災による福島第1・第2原発の事故で、
文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会が、
政府の指示で避難生活を送る住民の精神的損害賠償について、

避難開始から6カ月間の基準額を「1人当たり月額10万円」、
基準より条件の悪い避難所などで生活する人々には
2万円を上乗せして月額12万円とすることになったようです。

最初の半年を第1期、その後、半年~1年までを第2期、
避難生活に収束の見通しがつくまでの期間を第3期とすることになり、
第2期には1人月額5万円、第3期は改めて検討するようです。

この基準額の「10万円」は、交通事故で入院した場合の
慰謝料を参考にしているんだとか。

屋内退避の人たちには基準より低い額とするようで、
屋内退避への賠償額は、基準額(10万円)の
半額~3分の1程度となる模様です。

しかし、屋内退避、避難所と場所によって賠償額が
違うことに、精神的苦痛は同じという意見も出ており、
調整は難航するかもしれません。

誰かをやめさせるとかやめさせないとかを
必死になっているよりも、1日でも早く東日本大震災の
被害者・難民の方々の苦痛や負担を無くせる方向への
議論を頑張って欲しいものです。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110617-00000076-mai-soci
関連記事

Appendix

   

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

RSSリンクの表示

あとでじっくり読む

My Yahoo!に追加

Add to Google

人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • seo
Googleボットチェッカー
365fx会社一覧 気になるエンタメニュース徒然
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。