Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火災警報器取り付けが住宅でも義務に!設置場所や種類

消防法の一部改正により住宅用火災警報器の設置が
2011年6月1日で全国全市町村にて義務化されています。

新築だけではなく、既存の住宅にも設置しなければなりませんが、
どこに設置すればいいのか、どんな種類があるのか、気になりますね。

設置場所は、寝室と寝室が2階以上にある場合は階段にも。
地域によっては台所や廊下以外の全室に
設置が義務付けられているところも。

自分の地域の設置基準については、日本火災報知機工業会の
ホームページで『どの部屋にとりつけるの?』を参考に。

日本火災報知機工業会
http://www.kaho.or.jp/

また、住宅用火災警報器は法令等によって規格が定められており、
国が定めた規格に適合したものは、本体にNSマーク(鑑定合格証)が
付いていますので、マークが付いた警報器を選ぶようにしましょう。
ホームセンターや家電量販店などで購入することが出来ます。

火災警報器の種類は大きく分けて、煙を感知するタイプの「煙式」と、
熱を感知するタイプの「熱式」があります。

寝室や廊下には煙式、火災以外にも日常的に煙が発生する台所や
車庫などには熱式が適しています。

ネジや釘で簡単に設置できるので、専門業者に工事して貰わなくても大丈夫。

消防署の職員を装い高額で売りつける手口の
悪質な訪問販売が横行していますので、注意してください。

公共機関の職員が住宅用火災警報器を訪問販売することは
絶対にないので、もし悪徳業者に騙されて高額な値段で
購入してしまった場合は、クーリングオフ制度を活用しましょう。

設置をしないことでの罰則などは実は特にありません。

しかし、日本に先立ち義務化を進めたアメリカでは
現在普及率が90%を超えて30年間で火災による死者が半減したとか。

東北の大震災のこともあり、備えは万全にしておきたいものです。


http://r25.yahoo.co.jp/spcate/wxr_detail/?id=20110527-00020186-r25
関連記事

Appendix

   

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

RSSリンクの表示

あとでじっくり読む

My Yahoo!に追加

Add to Google

人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • seo
Googleボットチェッカー
365fx会社一覧 気になるエンタメニュース徒然
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。