Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小惑星探査機「はやぶさ」が竹内結子主演で映画化へ

小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C)は、
2003年5月に鹿児島県内之浦から打ち上げられ、
9月に小惑星「イトカワ」に到着。
サンプル採取などを行って地球への帰途につきました。

通信途絶やエンジン停止など数々のピンチに陥りながら、
スケジュールから遅れつつも、7年間にわたる
60億キロもの宇宙の旅を終えて、
2010年6月13日に、奇跡的な帰還を果たしました。

そんな「はさぶさ」が、米大手配給会社の
20世紀フォックス映画によって映画化されるようです。

20世紀フォックス映画はこれまで
『タイタニック』『アバタ―』などを手掛けてきたところです。

主演は女優・竹内結子。
宇宙科学研究所(現・宇宙航空研究開発機構=JAXA)の
スタッフとしてプロジェクトの一端を担い、
「はやぶさ」との関わりを通して自らの生き方も
見つめ直す役どころだそうです。

そんな彼女を、研究スタッフ兼広報要員として
スカウトする上司役で西田敏行も出演するようです。

「はやぶさ」と、プロジェクトに携わった人々の
7年間にわたる挑戦と苦闘の日々を描く映画となるようです。

ハリウッドメジャーの強みで世界配給も視野に入れながら、
10月1日の日本公開を目指して撮影が進んでいるそうです。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110428-00000316-oric-movi
関連記事

Appendix

   

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

RSSリンクの表示

あとでじっくり読む

My Yahoo!に追加

Add to Google

人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • seo
Googleボットチェッカー
365fx会社一覧 気になるエンタメニュース徒然
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。