Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忠犬ハチ公の死因の真実が明るみに

亡くなった飼い主を10年間駅で待ち続けた
忠犬ハチ公。

当時のハチ公の死因は、当時の東京帝大農学部が解剖し
寄生虫によるフィラリア症だとされていました。

ところが、東京大が最新の医療機器で標本を
調べ直した結果ところ、肺と心臓の広い範囲で
悪性腫瘍があったことがわかりました。

この発見で、肺がんで死んだ可能性が
高いと判明しました。

心臓のがんが肺に転移した可能性もあるようで、
心臓のガンというのはめずらしいのだそうです。

本人?のハチ公としては、今頃?
と思っているかもしれませんね。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110301-00000088-jij-soci
関連記事

Appendix

   

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

RSSリンクの表示

あとでじっくり読む

My Yahoo!に追加

Add to Google

人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • seo
Googleボットチェッカー
365fx会社一覧 気になるエンタメニュース徒然
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。