Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎に戸籍上「200歳」の男性が!

戸籍上の“超高齢者”が次々発覚している問題で、
とうとう長崎県壱岐市で1810(文化7)年生まれの
男性の戸籍が残っていたことが明らかになりました。

生きていたら今年200歳になってしまいます。
ショパンや国定忠治と同い年だそうで…。
あり得ませんね!

2006年に同市は戸籍を電算化していますが、
高齢者の戸籍の見直しはしていなかったとのこと。

他にも、戸籍があって住民登録がされていない
120歳以上の高齢者はこの男性を含めて
72人もいるそうで、同市は今後速やかに実態調査をして
戸籍の削除などを進めるようです。

全国では他にも、青森市で184歳女性や
東京都中央区で177歳男性、
横浜市や秋田県能代市で170歳男性が
戸籍上「生存」していることが分かっています。

日本の人口がずいぶん減りそうです。
関連記事

Appendix

   

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

RSSリンクの表示

あとでじっくり読む

My Yahoo!に追加

Add to Google

人気ブログランキングへ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • seo
Googleボットチェッカー
365fx会社一覧 気になるエンタメニュース徒然
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。